newsお知らせ

2017.09.01やまとリハビリテーション連絡会

8月25日に大和リハビリテーション連絡会が開催され、当事業所からリハスタッフ4名が参加させていただきました。

 

やまとリハビリテーション連絡会は平成28年4月に発足された会で、大和市にある病院や介護老人保健施設等に勤務するリハビリテーション関連職種の方々が集まり、地域に住む方々に必要なリハビリテーションを提供するために、大和市内のネットワークを構築し多職種との連携を図ることを目的として活動されていて、今回が第6回目の活動になるそうです。

 

今回のテーマは「リハビリテーションと栄養」についてで、90名ほどの参加者がいらっしゃいました。

 

会全体として、発言しやすい雰囲気もあり、質疑応答も盛んに行われていて活気のある連絡会でした。また、リハスタッフのみでなく、医師や市の管理栄養士、鍼灸・マッサージ師の方も参加されていて、地域づくりへ向けた志の高さが伺えました。

 

医療機関各々で完結せず、患者さん・利用者さんがご自宅で安心して暮らしていける地域づくりに向けて活動している方々が集まっており、非常に良い刺激を頂けました。

 

タツミ訪問看護ステーションでは「安心して暮らせる地域つくりに貢献すること」を理念に掲げており、理念の実現に向けてそういった同職種間の連携は不可欠です。医療法人以外の訪問看護ステーションの参加はまだあまりないようなので、これを機に私たちも輪に加わって活動させていただき、交流を深め、医療と在宅の架け橋になっていければと思います。

採用バナー