newsお知らせ

2018.03.29平成29年度 訪問看護事業者(管理者)大会参加のご報告

皆様、こんにちは!【タツミ訪問看護ステーション瑞江】です。                 暖かな日が続き、江戸川区も桜の見頃を迎えました。

さて、昨日行われました『訪問看護事業者(管理者)大会』に参加して参りましたので、      ご報告いたします。

会場は「法益社団法人 日本医師会館」にて、                         訪問看護ステーション管理者・従事者・事務職、合わせて約700名が会場に集まりました。

はじめに、公益社団法人日本看護協会副会長 齋藤訓子(のりこ)氏を講師に交え、         「看護未来像~人生100年時代を見据えて~」をテーマに特別講演していただきました。

現場の訪問看護師が元気になってもらえるように、そしてその元気を利用者様とも共有し、利用者様にも元気になっていただけるようにお力添えをしていきたい、と力強いお言葉を頂戴いたしました。

日本看護協会のタグラインである“いきるを、ともに、つくる。”の言葉どおり、超高齢社会である今、看護師と利用者様、そのご家族みんなで造りあげていく未来を見据えて、考えていかなければいけませんね。

そして平成30年診療報酬と介護報酬の同時改定が来月4月より行われます。            既にご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、厚生労働省のURLを以下に記載しておきましたので ご参照下さいませ。

厚生労働省「第158回社会保障審議会介護給付費分科会資料」     http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi2/0000192309.html

ご利用者様の皆様におかれましては、この改定についてのご案内を順次ご説明させて頂きます。

どうぞ宜しくお願い申し上げます。

採用バナー