newsお知らせ

2015.12.03☆ST(言語聴覚士)についてのアンケート結果☆

皆様こんにちは。
日々、寒い日が続いておりますがお元気でしょうか?

 

タツミの訪問看護ステーション鷺沼には、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士(以下ST)が在籍していますが、
STは他リハビリ職に比べ、資格が出来てから日も浅い為なのかまだまだ認知度の低い職種かと思います。

 

という事で、
訪問STの更なる向上の為に、10月、川崎市宮前区内のケアマネージャー様へご協力をいただき、訪問STに関するアンケート調査を実施させて頂きました。

 

皆様からの貴重なご意見をまとめさせて頂きましたのでご報告させて頂きます。

 

アンケート項目には、
・訪問リハビリへの理解度
・利用状況
・訪問STへの理解度
・訪問STを利用するとしたら重視したいこと
・今後への期待
など12項目について、多岐選択式および自由記述式について実施いたしました。

 

【結果】
訪問STに対して、ケアマネージャーの方々の関心は高く、リハビリ内容の細かな内容についてご存知の方もいらっしゃいました。

 

一方で、利用者様・ご家族様の認知度はまだまだ低く、利用に繋がらないケースがあることも改めて分かりました。

 

また、導入に至る過程において、訪問STの依頼先が少ない、または無いとの回答も多く挙げられていることから、訪問STを配置している事業所についての情報不足自体の問題も確認する事が出来ました。

 

今後、更に訪問STを普及させていく為には、訪問STの所在に関する情報を広めるだけでなく、利用前相談の実施など、身近にSTを感じていただく取り組みがより必要であるという事が認識する事が出来ました。

 

そこで私達 タツミの訪問看護ステーション鷺沼 では、ケアマネージャー様のいらっしゃる包括支援センターや居宅介護支援事業所、お悩みを抱えている個人様、口腔ケアなどを業務として行っている介護系施設様などからのご相談を受け付けております。

 

もし、嚥下障害や言語障害についてお悩みを抱えているようでしたらお気軽にお問合せ下さいませ。

 

より地域に密着したサービスと、より細かなニーズや環境に対応していける事業所を目指していきます。

 

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

 

最期に、今回のアンケート調査にご協力を頂きました皆様、ご多忙中にも関わらずご対応を頂けました事を心からお礼申し上げます。

 

タツミ訪問看護ステーション鷺沼 職員一同より

採用バナー