人事部コラム | 『タツミの訪問看護』採用サイト

0120-323-0740120-323-074

ホームページからの
エントリー ~ ご入社特典

QUOカードプレゼント!

人事部コラム

Withコロナでもお花見したい!今年ならではの楽しみ方

今年は例年より早く東京で桜の開花が発表されました。3月22日頃には満開になる見込みですが(参照元:tenki.jp)新型コロナウイルス感染拡大防止のため、お花見スポットの封鎖やイベントの中止が相次いでいます。感染対策を心がけ、いつもと違うスタイルで桜を楽しみましょう。

 

お花見スポットでは宴会ではなく歩き花見にしよう

首都圏のお花見で有名な公園では一部のエリアを立ち入り禁止としているところも多く、いずれも座って宴会をすることはできません。しかし歩きながら桜を楽しむことはできます。その際は必ずマスクを着用し、混雑する時間を避けるなど工夫をして感染予防対策を徹底しましょう。

アトラクションと共に桜を楽しんでみよう

神奈川県相模原市のさがみ湖リゾートプレジャーフォレストでは、2021年3月20日〜4月18日(※予定)の間、さがみ湖桜まつりが開催されます。関東最大級の2500本の桜を、様々なアトラクションと共に楽しむことができます。さがみ湖リゾートならではの起伏に富んだ地形を活かし、リフトから桜を見下ろしたり、桜の中をF1カートで走り抜けたり普段とは一味違った視点で桜が楽しめることでしょう。
また、3月20日〜4月4日までは、関東三大イルミネーションにも選ばれた600万球のイルミネーションと夜桜を一度に楽しめる「夜桜イルミリオン」も開催されます。

※写真はイメージです

さがみ湖プレジャーフォレスト公式ホームページ

クルーザーで目黒川から桜を満喫

都内有数の桜の名所である目黒川では、3月19日~4月11日の期間、お花見クルーズを運行しています。4kmにわたり約800本の桜が咲き誇る目黒川を水上から楽しむことができます。
乗合クルーズではリーズナブルな価格で水上花見を楽しむことができます。乗船の際には個々での感染対策にしっかり取り組みましょう。

運行会社によって時間や条件等が異なりますので、各社ホームページをチェックしてみてください。
ジールクルージング 目黒川お花見クルーズ
(3,900円/1名、70分)
芝浦いりき 目黒川お花見&東京湾周遊クルーズ2021
(4,000円/1名、75分)

また、桜を見ながらお酒や軽食を楽しみたい!という方には、スパークリングワインが楽しめる貸し切りクルーズはいかがでしょうか。「目黒川お花見CHANDONクルーズ2021」では桜色のCHANDONロゼを満開の桜と共に味わうことができます。こちらも徹底した感染対策に取り組んでいるので安心です。白ワイン・ビール・ソフトドリンクは飲み放題、またベイエリアの人気レストラン”BESIDE SEASIDE”のシェフ特製のフィンガーフードも堪能できます。
料金は平日便13,000円、週末便16,000円(いずれも1人あたり)。5名から貸し切り可能です。(人数が5名未満の場合でも5名分の料金で貸し切り可能)

目黒川お花見CHANDONクルーズ2021

日本庭園の桜と絶品料理を楽しむ「ホテル花見」

東京千代田区のホテルニューオータニ内には、加藤清正公の下屋敷、井伊家の庭園として400年の歴史を持つ広大な日本庭園が広がります。ホテル利用者以外も散策可能なこの庭園では、ソメイヨシノや八重桜をはじめとした全19種類58本もの桜が植えられており、例年人混みも少なくゆったりと桜が楽しむことができます。
また、日本庭園内の石心亭や清泉亭、庭園に面したガーデンラウンジでは、食事を楽しみながら庭園の桜を見ることができます。館内のレストランやバーでは、桜をテーマに季節ならではのメニューを提供しており、味覚でも花見を堪能できるのが魅力です。

ホテルニューオータニお花見散策マップ
ホテルニューオータニ桜づくしメニュー

とっておきのプライベート空間で周る「お花見タクシー」

日本交通は、3月20日~4月10日の期間限定で、都内の桜名所をめぐる観光タクシー「お花見タクシー2021」を運行します。「お花見タクシー2021」では、日本交通の観光タクシードライバーがおすすめする都内の桜の名所を、車内から密を避けたプライベート空間で楽しむことができます。
エリア別の3つのお花見コース(東京駅、上野駅、品川駅周辺)があり、所要時間は2時間。日本交通に在籍する約1万人の乗務員から選抜された観光ガイド資格を持つ担当乗務員が、その日その時の見頃を考慮してタクシーで効率よく桜の名所に案内してくれます。
さらに、じっくり桜を楽しみたい人やこだわりのコースでめぐりたい人向けに、3時間~のオーダーメイドコースも。コースを自由に組み立て可能で、東京23区・武蔵野市・三鷹市内であれば、自宅発着設定も可能です。

料金:「カジュアルコース」2時間10,280円(以降30分ごとに2,470円)、
「オーダーメイドコース」3時間15,220円~(以降30分ごとに2,470円)

日本交通お花見タクシー

また、横浜では三和交通が3月14日からお花見タクシーを運行しています。こちらは2時間12,000円(運行料金9,400円+ガイド料金2,600円/横浜コースの場合)で、みなとみらい、元町公園、三渓園などを巡ります。東京都心や東京西部、埼玉エリアでも運行しており出発地を希望に応じて設定できます。

三和交通お花見タクシー

自宅で360度満開の桜を楽しめる!「お花見VR」

ウェザーニュースでは、外出しなくても満開の桜が楽しめる「お花見 VR」をスマホアプリ、ウェザーニュースの「さくらCh.」にて上で提供しています。桜名所の360度動画をスマートフォンに表示し、VR(仮想現実)でお花見体験ができるサービスです。スマートフォンで動画を再生すると端末の動きに映像が連動し、動画内の風景を360度見渡すことができます。さらにVRゴーグルがあれば、自分がその桜名所にいるかのような臨場感を味わえます。

「お花見VR」の人気名所TOP10では、「さくらCh.」に掲載する全国800地点の桜名所の中から、過去に最もアクセス数が多かった上位10地点をピックアップ。1位の上野恩賜公園(東京都)をはじめ、“日本三大桜名所”といわれる4位の高遠城址公園(長野県)や6位の弘前公園(青森県)、“日本三大桜”である7位の三春滝桜(福島県)など、お家にいながら日本有数の桜絶景をお楽しみいただけます。

「お花見VR」を利用するには、スマホアプリ「ウェザーニュース」をダウンロード
またはウェザーニュースウェブサイトへ

まとめ

コロナ禍でも様々な形でお花見を楽しめるサービスが増えています。各自感染予防をしっかりしながら、年に1度の桜を安全に楽しんでいきたいですね。